コンテントヘッダー

家族会議も終わり

ナナがいなくなり、なんとなくどんよりしていた我が家ですが、
このままというわけにもいかず、私も重い腰を上げました。
カゴを片付け始め、ごはんが入っていた容器やら、
水を入れていた容器を片付け、かけていた布も処分。
少しづつ、ナナのいない風景にも慣れていっています。

そんな中、Wが1泊2日の強行軍で帰って参りました。
もちろん、大学院進学についての話し合いのためですよ。

3年前、「今生の別れじゃの」と泣いた主人も、
今回は腹を括っていたらしく、一応OKが出た次第です。

ただし。

教採はこちらで受けることが条件となりました。

Wにしてみれば、それはもう当たり前の事だったようで、
言下に「わかってる」と言いました。

「Wが帰ってくるから、部屋のカーテンも替えてやらんとな。」

などと言って、楽しみにしていた主人でしたが、
そこはもう、仕方がないと解ってたのでしょう。

「あと3年は長いの~」と、Wが帰った後に言いました。

頑張って生きてもらわんとね。
Wを生きがいに、もう少し頑張って生きんとな。

今回、棺桶に片足突っ込んだのに、何とか帰ってきたのも
こういうことが起こる前触れだったのでしょう(笑)
まだ死ねないということですよ。

少しづつですが、私も主人も生活のペースを取り戻しつつあるようで。
また二人で何とかやっていきますよ。

ここも記事を書き始めようかと思っているので、
良かったら訪ねてみて下さい。

それでは。






スポンサーサイト
コンテントヘッダー

皆様にご報告

このブログを始めた時からみなさまに可愛がっていただきました
我が家のナナは、お星さまになりました。

14年以上も生きて我が家の癒しでございましたが、
寿命はいつか尽きるのですね、大往生でございました。

ここのところ体温が下がり始め、いつも電気ポットの上におりました。
食も段々と細くなり、最後の食事は大好きな卵焼きだったようです。

もう駄目だと解っていた朝。

「おかあさんが帰ってくるのを待っててね。」

と言ったのを解ったのか、本当に待っていてくれました。

自分の足で立つこともできなくなっていたけれど、
主人の手の中で待っていてくれました。

もう、目も見えていなかったけど、私の手の中に来てくれて、
少しだけ鳴いてくれました。

泣けて泣けて仕方がなかったけど、最後は優しい声を掛けてあげたかったので、頑張って話しかけました。

ただ、野生は残っていたのかもしれません。

最後まで首は上げておりました。
決して倒れなかった。
寄りかかっていたけど、しっかりと首は上げておりました。

辛いだろうということで、いつも通り鳥かごの中へ入れてやったのです。
小さな入れ物に湯たんぽを入れ、そのうえにナナを乗せて、
鳥かごへ入れてやりました。

布をかけてやり、私達は別の部屋へ行き、朝を迎えたのです。

やはり、息絶えていましたが、これで良かったのかもしれないと思ったり、
最後は手の中で逝かせてやった方が良かったのではないかと思ったり。

何度も考えてしまうけれど、正解は見つからずにいます。


まさかこんなに長く生きてくれるとは思わなかった。

体調を崩しても、いつも元気になってくれた。

ただ、今回はもう無理だと解っていました。
静かに最後を迎えるのを待つだけで、何もしてやれなかった。

徐々に弱っていくのが目に見えて判る。
おしゃべりをしなくなり、食事も段々と取らなくなり、
身体が冷たくなっていくのがわかる。
目もあまり見えていないし、きっと耳もあまり聞こえなくなっていた。

そんなナナを見守るだけの日々は辛かったけれど、
命が尽きるまでは普通に接してやろうと決めていたので、
毎日毎日祈りながら話しかけて過ごしました。

いい思い出を胸に旅立ってくれただろうかと考えてしまうけれど、
安らかに眠って欲しいとただ願うばかりです。


いつもいつも私達と一緒にいたナナがいないことに慣れるまで、
きっと長い時間がかかると思うけど、それはそれでいいとも思う。

ご飯を食べる時や、家に帰った時。
朝起きた時や、夜眠る時。

話しかけたら返事をしてくれたし、大きな声で鳴いて出迎えてくれた。

もうそんな日は来ないけれど、幸せを沢山くれたから、
何度もありがとうって言おう。


長々と書いてしまったけれど、画面がぼやけているので
打ち間違いや文章のおかしなところがあるかもしれません。

そこはご容赦ください。



   ナナ224   この頃から膨らみ始めました。


   ナナ222  ナナ221  体温が下がった体を温めてた。


   ナナ220  ナナ219  これが最後の写真です。


最後はもう何も見えず、何も聞こえずの状態なのに、
まるで弁慶のように立ってました。

だから可哀想になって独りにしてしまったのです。
早く楽になってほしかったから。




今まで可愛がっていただき、どうもありがとうございました。


   ナナ218






コンテントヘッダー

はぁ~

終わりましたね、GW。

体重、1㎏減ですよ。

働いたわ~(笑)


ほほほ。

少し落ち着くかしら…。

などと考えた私はバカ。


Wが迷いに迷った末、院に行きたいと言ってきた。

主人の体調を考え、こちらに帰ってくるつもりであったらしい。
のだが。
一度勉強したいと思ったらどうにもならなかったようで。
こちらに帰り、家族会議と相成った。

私は何も言うつもりはないが、さてどうなることやら。


はは。

私の平穏な日常はいつになったらやって来るのであろうか(笑)





コンテントヘッダー

中休み。

GWも中休み。

私もお休みを頂いて連休に向けて体力を回復中。
3日からまさかの6連勤を控え、体力を温存中でございます。

フラワーフェスティバルを控えてワヤワヤしているこの時期に、
逃走犯も逮捕され、なんとなく一安心。

場所が場所だけに、休日でよかったと誰しもが思ったよ。
あんなもん、授業中に起こったら大事ですもん。

いろいろと犯人が捕まっているここらへんですが、
楽しい連休になればいいですよね。

人が多くてどこにも行きたくないと毎年いう私が言うのもなんですが(笑)

みなさま、楽しい連休をお過ごし下さい。




コンテントヘッダー

ゴールデンウィークだって。

シフトが出ました。

うん。

連休はお仕事ですね。


まあ、Wもバイトで帰ってこないからいいんだけど。


ふふふ。


ワンオペの日があった気がするんだけど、何かな?

人手不足も大概にしてくれないかな。


世の中はいずこも人手不足らしい。

特に、土日祝日にこそ人手が欲しい客商売は言わずもがなだ。


子どもがいれば無理は言えない。

私とて子育てを経験している。
だからこそ休みを取ることを勧める。

家族でどこかに行く事は思い出になるし、
自分が親になった時に、自分の子どもにも同じようにしてやりたいと思うかもしれない。


若い子だって、遊びたい。

これもよくわかる。


はっきり言おう。

年を取って遊べばいい…というのは嘘になる。


特に女性の場合は、色々と思いもよらない状況になることが多々あるから。



だから、私は若い時に遊べ!!という。


ふむ。



おばちゃんは頑張ります!!




プロフィール

mama.ikuko

Author:mama.ikuko
FORESTAとCARPをこよなく愛するmamaが、何気ない日々を綴ってみようと思い立ち、書き始めました。
FORESTAのことご存知ですか?
ちょっとマニアックですが、なかなかですよ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR